【五人祭でドラゴン♡サマー】デュエマ脳で読み解くドラゴン娘のどこでもないゾーン【第6話】

考察
[第6話]ドラゴン娘のどこでもないゾーン - ニャロメロン | 週刊コロコロコミック
【毎週金曜更新・週刊コロコロオリジナル作品】 デュエマ神アートシリーズ「五人祭りでドラゴン♡サマー」で、さいとうなおき先生が描いた、 五人のドラゴン娘たちを、ニャロメロン先生が4コマ漫画化!! どこでもないゾーンから飛び出す五人のドラゴン娘たちの物語は、一体どうなってしまうのか!?

コロコロオンラインの週刊コロコロコミックにて好評連載中の「五人祭りでドラゴン♡サマー」スピンオフ4コマ漫画「ドラゴン娘のどこでもないゾーン」。今回もデュエマ脳を使って読み解いていこうと思います。

当記事は「ドラゴン娘のどこでもないゾーン」のネタバレを含みます。あらかじめご了承ください。

扉絵

「サーヴァ・K・ゼオス」が水晶を使って占いを行っています。

煌龍絶十に与えし力、その名もサバキZ。それは紋章をエネルギーに、いつ如何なる時でも正義の執行を可能とする、新たなる裁きの力。

メタリカで占いに関するカードといえば《奇石 ウラナー》が存在しますね。

フレーバーテキストには《煌龍 サッヴァーク》が《煌メク聖戦 絶十》に「サバキZ」を与えたと書かれています。詳しい話は分かりませんが「サバキZ」の力を与えるために《奇石 ウラナー》が使われたとも考えられ、となると使用したのは「サーヴァ・K・ゼオス」になるため、「サーヴァ・K・ゼオス」が水晶を使って占う今回の扉絵は原作再現だったことになります。

①長寿

蚊を見つけた「真久間メガ」に「流星アーシュ」がトリビアを教えます。

獰猛な外見とは裏腹に水草を食べ、求愛のダンスを踊る。

デュエルマスターズで蚊といえば《スナイプ・モスキート》がいますが「水草を食べ」と書かれているため吸血する種類かは不明。

一応、蚊取りのジョーカーズである《キンチョーラー》には蚊が描かれています。蚊がパワー4000とのバトルで破壊できる以上、「真久間メガ」も問題なく破壊できると考えられます。

「ー60年後。」について。

クリーチャーの老いを描いたカードには《龍覇 グレンモルト》があります。今回の話で「真久間メガ」は高校生であると明言されており、おおよそ小学校入学以降結婚式以前の年齢であると考えられます。

《龍覇 グレンモルト》の能力は誕生から老後まで変化がないことから、「真久間メガ」の能力も60年間変化がないと考えられます。また「真久間メガ」に攻撃し続ける蚊も同様にクリーチャーであり、能力の減退がないまま60年間バトルし続けることが可能なのでしょう。

《キンチョーラー》の通常効果で破壊され、「真久間メガ」に対し永続的に攻撃できるという特性から、蚊は《アンブッシュ・スコーピオン》だと思われます。

②海外逃亡

「地封院ギャイ」が「真久間メガ」をカツアゲしています。

対話すら許さず吹き飛ばす様子は「地封院ギャイ」の『相手の「このクリーチャーが出た時」で始まる能力を持つクリーチャーが出る時、相手はかわりにそのクリーチャーをマナゾーンに置く。』能力と合致していますね。「真久間メガ」は『「このクリーチャーが出た時」で始まる能力を持つクリーチャー』なので効果対象となりますし、強制効果であるため「そんなつもりじゃなかった!!」という台詞も当てはまります。

問題となるのは「金持ってる」ですね。これは着地したときに「チャリン」といっていることからマナゾーンに置かれカードが1枚ではなかったのではないかと考えられます。1体のクリーチャーがマナゾーンに置かれ2マナ以上が増えているのであれば進化クリーチャーが移動しているのでしょう。

Q. 相手の《地封龍 ギャイア》がバトルゾーンにいる状況で、自分は《凰翔竜機バルキリー・ルピア》を召喚して進化する際、どうなりますか?

A. 進化は召喚してからカードの上に重ねますので、バトルゾーンに出る《凰翔竜機バルキリー・ルピア》のみが、《地封龍 ギャイア》の置換効果によってマナゾーンに置かれます。

Q. 相手の《地封龍 ギャイア》がバトルゾーンにいる状況で、自分は《騎神凰翔ハクツル・ザーク》を召喚しました。どうなりますか?

A. デッキ進化は召喚してからカードを重ねた状態でバトルゾーンに出ますので、デッキ進化したクリーチャーは進化元と一緒に《地封龍 ギャイア》の置換効果によってマナゾーンに置かれます。

バトルゾーンのクリーチャーに重ねるタイプの進化クリーチャーの場合、「地封院ギャイ」の能力でマナゾーンに置かれるのは進化クリーチャーのみのため、バトルゾーン以外から重ねる進化クリーチャーでしょう。

Q. 相手の《地封龍 ギャイア》がバトルゾーンにいる状況で、自分は《ダイヤモンド・カスケード》を召喚しました。どうなりますか?

A. マナ進化はカードを重ねた状態でバトルゾーンに出ますので、マナ進化したクリーチャーは進化元と一緒に《地封龍 ギャイア》の置換効果によってマナゾーンに置かれます。この進化元は召喚の手順によってどこでもないゾーンを経由したため、新たにマナゾーンに置かれたカードとして扱いますが、ゾーンを移動していないので、位相は変化しません。

場外進化のうち、マナ進化の場合は進化元がマナゾーンに置かれたまま変化しないためマナゾーンに置かれるという条件に合致しません。

例題にも書かれているデッキ進化であれば特に問題なく条件を満たすため、「真久間メガ」は《騎神凰翔ハクツル・ザーク》に進化しようとしたとき「地封院ギャイ」の能力でマナゾーンに置かれたのでしょう。

③ノーコメ

扉絵から引き続き「サーヴァ・K・ゼオス」が占っているところに「熊田すず」が通りがかります。

扉絵では《奇石 ウラナー》が占ったということにしましたが、「熊田すず」との関係性が見えないため今回はまた異なる占いを行っているとします。

「サア水晶玉ニウツリマスヨ~。朕の未来!」とあるように占いに使われているのは水晶です。そこに「熊田すず」の「相手の手札を見」る効果と合わせれば、水晶は山札から相手に見せない形でサーチを行う《クリスタル・メモリー》だと思われます。《水晶の記憶 ゼノシャーク》のスマッシュ・バーストで唱えたとすればサーチしたカードをそのターン中に使うことが困難であるため「熊田すず」の手札を覗き見る効果が間に合います。

おにぎりに関しては「ドラゴン娘のどこでもないゾーン」既出ですね。「マーシャル・タッチ」能力で「サーヴァ・K・ゼオス」と入れ替わり状態になる《アラゴト・ムスビ》が綺麗に当てはまります。

④次回、衝撃の出会い!

遅刻しそうな高校生の「真久間メガ」と「地封院ギャイ」の操るトラックが曲がり角で正面衝突しそうになっています。

1コマ目にはおにぎりになったとおぼしき「サーヴァ・K・ゼオス」が転がっていますが「真久間メガ」は見向きもしていません。前回泣くほどおにぎりを欲していたのはなんだったんでしょうか。

闇文明に伝わる怪談のうちの一つに、「求人トラックの怪」というものがある。高収入をエサに就職活動中の若者が言葉巧みにトラックに連れ込まれてしまうと、二度と戻ってこれないとか……。噂によれば凶鬼の材料にされているらしいが、そういえば、最近、また凶鬼が増えてきたような……。

2台のトラックが移ったカードには《就職男》がありますね。「真久間メガ」は遅刻しそうな高校生といっていますがどこに向かっているかは明言されていないため、就職活動中での遅刻だったと考えることもできます。「素敵な出会い」は就職先を指しているのでしょう。

はあ、毎日毎日お祈りばかりッス……これじゃ、あこがれのエリート集団 U・S・Aに近づくのも夢のまた夢か……ん?「高収入のお仕事あります」……?よし、いっちょやってみるかッス! — チューカツ・チュリス
一日24時間労働という闇のブラックバイトから命からがら抜け出すチュリス。はたして彼の就活……いや、チューカツはうまくいくのか!? がんばれ、チュリス!負けるな、チュリス!!
あまりのブラック労働ぶりを受けた結果、ついに「使い捨て反対!」をスローガンとする凶鬼組合「ウェポス・マッドネス」を旗揚げしようとしたはいいものの、まだ組合員はハーシルただ一人だ。
闇文明の働き方改革のために動き出した凶鬼組合だったが、その構成員たちはなぜか次々と事故にあっては、運び込まれた先の病院で謎の怪死を遂げていった。
凶鬼は、あらゆるものを素材として生み出される。価値ある美術品でも、歴史ある遺物でも、あるいは誰かの尊い命であろうとも。

闇文明での就職はかなり危険であるとされており、事故に遭ったが最後、まず無事には戻ってこれません。「マフィ・ギャング」凶鬼の中にはドラゴン娘でもある《悪魔龍 ダークマスターズ》を素材にした《龍装者 ダクマ65号》も存在していることから「ドラゴンギルド」の素材にされてしまうこともありえます。

《メガ・マグマ・ドラゴン》の骨から作られた「ドラゴンギルド」《龍装車 マグマジゴク》は車両型であり、この後の「真久間メガ」の姿を暗示しているようでもあります。

最後に

【デッキ】【デュエマ脳】ドラゴン娘のどこでもないゾーン【第6話】 dmvault

今回、使用したカードをこちらにまとめました。

今回も「ドラゴン娘のどこでもないゾーン」をデュエマ脳で読み解いてみました。金曜日の更新が楽しみですね。

本日はありがとうございました。また次の記事でお会いしましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました