【神アート】ドラゴン娘とどこでもないゾーンの関係【五人祭でドラゴン♡サマー】

考察
【緊急告知!】デュエマ歴代のドラゴン達が女の子に!?『ドラゴン娘のどこでもないゾーン』週刊コロコロにて7月8日から連載開始!! | コロコロオンライン|コロコロコミック公式
7月8日(金)より「週刊コロコロコミック」にて『ドラゴン娘のどこでもないゾーン』(作:ニャロメロン先生 キャラクターデザイン:さいとうなおき先生)の連載がスタート! 7月4日18時より受注開始の神アート「五人祭でドラゴン♡サマー」のカードイラストのドラゴン娘たちが、4コマまんがになった!

極上のイラストを使ったカードやサプライをお届けする「神アート」シリーズ第2弾、好評につき1次受注が完売した「五人祭でドラゴン♡サマー」が漫画連載されることになりました。

タイトルは『ドラゴン娘のどこでもないゾーン』です。

今回の記事では「ドラゴン娘」と「どこでもないゾーン」の関係性を考えてみたいと思います。

どこでもないゾーン

「ゾーン」とは通常、ゲーム中にカードを置く場所を指すときに使われる語であり、「山札」「手札」「バトルゾーン」「墓地」「マナゾーン」「シールドゾーン」「超次元ゾーン」「超GRゾーン」があります。

「どこでもないゾーン」とは、カードがこれらのゾーンいずれに存在していても不都合が起こる場合に置かれているとされるゾーンであり、テキスト中にこそ登場しませんが総合ルールに定義されている公式用語です。

409.どこでもないゾーン

 409.1. ゲーム中、上記 8 種のゾーン間をカードが移動するときに特別な処理が必要な場合、その処理が終了するまでの間そのカードはどこでもないゾーンに存在します。

  409.1a 呪文を唱えてから解決するまでの間、その呪文は手札にも墓地にもありません。

デュエル・マスターズ総合ゲームルール Ver.1.30 (PDF形式)

例えば呪文を手札から唱えた場合、通常は墓地に置かれますが、効果を処理している間は手札でも墓地でもない「どこでもないゾーン」にあるものとして処理します。

具体的には《B.F.F. モーメント》で参照する手札としても《怨念集結》で参照する墓地としても数えらないということです。

五人祭でドラゴン♡サマー

では早速ドラゴン娘とどこでもないゾーンの関係性について語っていきましょう。

地封院ギャイ

地封院ギャイは《地封龍 ギャイア》のドラゴン娘です。

Q1. 相手の《地封龍 ギャイア》がバトルゾーンにいる状況で、自分は《ダイヤモンド・カスケード》を召喚しました。どうなりますか?

A. マナ進化はカードを重ねた状態でバトルゾーンに出ますので、マナ進化したクリーチャーは進化元と一緒に《地封龍 ギャイア》の置換効果によってマナゾーンに置かれます。この進化元は召喚の手順によってどこでもないゾーンを経由したため、新たにマナゾーンに置かれたカードとして扱いますが、ゾーンを移動していないので、位相は変化しません。

《地封龍 ギャイア》はゾーンの移動先を変更する、いわゆる置換効果を持つため、一部のクリーチャーをどこでもないゾーンに送ることができます。

クリーチャーをどこでもないゾーンに送る

どこでもないゾーンは呪文の移動がもっとも分かりやすいですが、その他のカードタイプであっても移動することがあります。以下によくある質問(Q&A)を引用。

Q2. 自分の《斬龍電融 オロチリュウセイ》がバトルゾーンにいる状況で、その能力で山札の上から《煉獄の悪魔龍 フォーエバー・オカルト》を召喚する場合、マナコストを支払うか代替コストを支払うかのどちらかを決定する前に、《煉獄の悪魔龍 フォーエバー・オカルト》の下にある山札のカードを見れますか?

A. いいえ、見れません。マナコストを支払うか代替コストを支払うかを決めてから、どこでもないゾーンに移動します。代替コストで召喚すると決めた場合、山札の一番上にあった《煉獄の悪魔龍 フォーエバー・オカルト》がどこでもないゾーンに移動しているので、その下にあるカードを見てから破壊するクリーチャー3体を決められます。
Q3. 自分の《斬龍電融 オロチリュウセイ》がバトルゾーンにいる状況で、その能力で山札の上からクリーチャーを召喚する場合、マナコストを支払う前に、召喚するクリーチャーの下にある山札のカードを見れますか?

A. はい、見れます。カードは使用した際、コストの支払いよりも前にどこでもないゾーンに移動します。召喚を宣言し、山札の一番上にあったクリーチャーがどこでもないゾーンに移動しているので、その下にあるカードを見てからタップするマナを決められます。
Q4. 手札に《"逆悪襲"ブランド》が2枚ある状況で、自分は《"逆悪襲"ブランド》の召喚を宣言してどこでもないゾーンに置きました。「G・G・G」の効果で、支払うコストは6少なくなりますか?

A. いいえ、少なくなりません。このクリーチャーを召喚し始める時点で手札が1枚(通常はこのクリーチャーのみが手札にある状況)でなければ、G・G・Gによってコストは少なくなりません。
Q5. 自分のマナゾーンにカードが4枚あり、相手の《獣軍隊 ヤドック》がバトルゾーンにいる状況です。自分がマナゾーンから《虹速 ザ・ヴェルデ》を召喚した場合、バトルゾーンに出ますか?

A. いいえ、《虹速 ザ・ヴェルデ》はバトルゾーンに出せません。コストの支払いを終えた後に《虹速 ザ・ヴェルデ》はどこでもないゾーンに置かれますので、その時点でマナゾーンのカードが3枚となり、バトルゾーンに出るかわりにマナゾーンに残ります。
(総合ルール 601.1c)

これらを踏まえ残りのドラゴン娘とどこでもないゾーンの関係について考えていきます。

真久間メガ / 流星アーシュ

真久間メガは《メガ・マグマ・ドラゴン》の、流星アーシュは《流星のガイアッシュ・カイザー》のドラゴン娘です。いずれもコスト軽減能力を持ちます。

総合ルールに定義されているように、どこでもないゾーンとは「カードが移動するときに特別な処理」があるときに使われるゾーンですが、この特別な処理には「カードを使うコストを少なくする能力」も含まれます。

《メガ・マグマ・ドラゴン》であれば自身が、《流星のガイアッシュ・カイザー》であればコスト10以上のクリーチャーが、召喚選択から召喚コスト決定の間にどこでもないゾーンへ移動します。

Q5にあるような、マナを参照した着地置換効果とマナから召喚する効果が両立している場合だとどこでもないゾーンの存在がより分かりやすいのではないでしょうか。

サーヴァ・K・ゼオス

サーヴァ・K・ゼオスは《煌龍 サッヴァーク》のドラゴン娘です。

「ドラゴン・W・ブレイカー」は《煌龍 サッヴァーク》のみが持つ能力なのですが、本製品が実用性よりコレクション性を重視していることを象徴するように、大胆にもその注釈は省かれています。ドラゴン姿の《煌龍 サッヴァーク》でテキストを確認してみましょう。

ドラゴン・W・ブレイカー
(このクリーチャーはシールドを2つブレイクする。
 各ブレイクの前に、自分の山札の上から1枚目を、
 裏向きのまま新しいシールドとして自分のシールドゾーンに置くか、
 表向きにして自分のシールド1つの上に置く)

次に「ドラゴン・W・ブレイカー」にまつわるよくある質問(Q&A)を確認していきます。

Q6. 《煌龍 サッヴァーク》の「ドラゴン・W・ブレイカー」で最初に裏向きのシールドを得てからその上に表向きのシールドを重ねることはできますか?

A. はい。できます。各ブレイクについてどちらのモードを使うかを選び、一つ目を解決してから次の解決に移ります。表向きにして重ねることにした場合、まず表向きにしてからどのシールドに置くかを選ぶことになります。表向きで重ねることを選んだ時にシールドが1枚もなければその効果は不発となり表向きにすることのないまま山札の上に残ります。
Q7. 《煌メク聖戦 絶十》の1つ目の効果で山札の上から1枚目を自分のシールドの上に置く場合、山札の上のカードを表向きにした後に置くシールドを選べますか?

A. はい、表向きにした後に置くシールドを選べます。
Q8. 「鬼タイム」能力が発動している状態の《極悪!獄鬼夜城》が展開されている状況です。《煌メク聖戦 絶十》の「出た時」の能力や《煌龍 サッヴァーク》の「ドラゴン・W・ブレイカー」能力にある「自分のシールド1つの上に表向きにして置く。」は、どうなりますか?

A. まず山札の一番上のカードを表向きにしますが、シールドゾーンにカードが置けないのでそのまま裏向きに戻します。
(総合ルール 606.2)
このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、
自分の山札の上から1枚目を、
自分のシールド1つの上に表向きにして置く。
(そのシールドの束は1つと数える)

Q7のみ《煌メク聖戦 絶十》を対象にしたQ&Aですが、Q8にある通り山札を表向きにしてシールドの上に置く能力は同一であり、《煌龍 サッヴァーク》にも適用される裁定であるとして話を進めます。

Q7にあるように山札を表向きにする能力はシールドに置くよりも前に行われます。

Q6Q8は一見して似たような状況ですが、実際にシールドがあるかないかが違います。山札を表向きにしてシールドの上に置く場合、シールドがある場合では山札の上で表向きにされますが、シールドがない場合だと表向きにする処理が行われません。そのため山札を表向きにしてシールドの上に置く処理は山札を表向きにしているのではなく、山札からシールドに置く間のどこでもないゾーンで表向きにされていると考えられます。

Q8のようなシールドが移動できない状況だと、山札からどこでもないゾーンに移り表向きになり、シールドへ移動できないため山札の上に戻った、という挙動ですね。

熊田すず

熊田すずは《悪魔龍 ダークマスターズ》のドラゴン娘です。

こちらはこれまでと異なり、単体の能力とどこでもないゾーンに関連性が見えません。そのため他のカードを使ってどこでもないゾーンとの関係性を探っていきます。

このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、
相手の手札を見て3枚まで選び、捨てさせる。

《悪魔龍 ダークマスターズ》は開示型手札捨て能力を持っています。

そのため今回は手札捨て反応型能力を用います。

斬隠蒼頭龍バイケン

その中でも独特な能力をしている《斬隠蒼頭龍バイケン》に注目してみましょう。

Q9. 相手のターン中、《斬隠蒼頭龍バイケン》を手札から捨てた時、墓地に置くかわりにバトルゾーンに出せますが、手札に戻す能力はどのタイミングで使うのですか?また、手札に戻す能力は置換効果ですか?

A. 《斬隠蒼頭龍バイケン》の「相手のターン中、手札から捨てられた時」に使える能力は一連のものとして扱います。ただし、手札に戻す能力は置換効果ではありません。ひとつの能力内でも「そうした場合」「そうしたら」などで表される別の句点で区切られる文章であればそれは別のイベントとみなし、置換として扱わないからです。
Q10. 相手のターン中に「S・バック」能力によって、シールドゾーンから手札に加えられる《斬隠蒼頭龍バイケン》を捨て、自身の能力によってバトルゾーンに出した場合、《斬隠蒼頭龍バイケン》の手札に戻す効果を使えるタイミングはいつになりますか?

A. 「S・バック」による召喚より《斬隠蒼頭龍バイケン》の効果が先になります。《斬隠蒼頭龍バイケン》はバトルゾーンに出してからクリーチャーを手札に戻す効果までが一連の能力になりました。ただし、手札に戻す能力は置換効果ではありません。
Q11. マナゾーンに多色カードが4枚ある時に、相手が《裏切りの魔狼月下城》を唱えました。このとき最初に捨てたカードが《斬隠蒼頭龍バイケン》で置換効果によって、バトルゾーンに出した場合、《裏切りの魔狼月下城》のマナ武装4の効果と《斬隠蒼頭龍バイケン》の手札に戻す効果はどちらが先になりますか?

A. 《斬隠蒼頭龍バイケン》の効果が先になります。置換効果として割り込んでおり、ひとつの能力なので手札に戻す効果も続けて処理されます。

《斬隠蒼頭龍バイケン》は手札から捨てられてるかわりにバトルゾーンに出せ、そのときにクリーチャーを戻す効果を持ちます。この戻す効果は処理が独特で、バトルゾーンに出た直後にクリーチャーを手札に戻す効果が発生します。

では《悪魔龍 ダークマスターズ》で《斬隠蒼頭龍バイケン》を捨てつつ説明していきます。

  1. 《悪魔龍 ダークマスターズ》で相手の手札を見て、その中から《スーパー・サイチェン・ピッピー》1枚、《斬隠蒼頭龍バイケン》2枚を捨てる
  2. 《スーパー・サイチェン・ピッピー》を墓地に置く
  3. 捨てられた《斬隠蒼頭龍バイケン》Aの1枚目をバトルに出しクリーチャーを手札に戻す効果を使う
  4. 捨てられた《斬隠蒼頭龍バイケン》Bの2体目をバトルに出しクリーチャーを手札に戻す効果を使う
  5. 《スーパー・サイチェン・ピッピー》の効果で《ガイアール・カイザー》を超次元ゾーンから出す

通常、手札捨てで複数枚の手札を墓地に置くとき、すべて同時に墓地に置かれ、その後に好きな順番で解決します。しかし《斬隠蒼頭龍バイケン》の場合、出る効果とクリーチャーを手札に戻す効果が同時に行われます。

クリーチャーを手札に戻す効果を2つ同時に処理するとは考えづらいため、《斬隠蒼頭龍バイケン》Aがバトルゾーンに出たタイミングでは《斬隠蒼頭龍バイケン》Bはまだバトルゾーンに出ておらず、手札で待機しているのも不都合なため、どこでもないゾーンにいると考えられます。

クリーチャーを手札に戻す効果を基準に考えてみるとこうなります。

《斬隠蒼頭龍バイケン》A
《斬隠蒼頭龍バイケン》B
戻せるクリーチャー戻せないクリーチャー
悪魔龍 ダークマスターズ
斬隠蒼頭龍バイケンA
斬隠蒼頭龍バイケンB
ガイアール・カイザー
戻せるクリーチャー戻せないクリーチャー
悪魔龍 ダークマスターズ
斬隠蒼頭龍バイケンA
斬隠蒼頭龍バイケンB
ガイアール・カイザー

ちなみに《悪魔龍 ダークマスターズ》の手札捨て効果は任意であるため、実際の盤面で《斬隠蒼頭龍バイケン》を捨てさせることはまずありません。

最後に

【デッキ】ドラゴン娘とどこでもないゾーン – デュエルマスターズ – dmvault

今回使用したカードはこちらです。

本日はドラゴン娘を使ってどこでもないゾーンを観測してみました。「五人祭でドラゴン♡サマー」は1次受注が好評につき数時間で完売してしまいましたが、2次受注が予定されています。是非ご予約してください。

本日はありがとうございました。また次の記事でお会いしましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました