【デュエルマQ】ボルシャック効果で上昇する最大パワーを求めよ【ボルシャック】

デュエルマQ

ボルシャック・ドラゴンについて

クイズとは関係ありませんが、少し《ボルシャック・ドラゴン》について語ってみようと思います。

《ボルシャック・ドラゴン》。長い歴史を持つデュエルマスターズにおいて最古のドラゴンであり、もっとも知られたカードであるともいえるでしょう。

漫画版「デュエル・マスターズ」で主人公の「切札 勝舞」が使っていたことがその一因であることは間違いありません。

しかし「DM-01 拡張パック 第1弾」のパッケージに描かれているのは《メテオ・ドラゴン》でした。なぜ《ボルシャック・ドラゴン》ではなかったのでしょうか?

レアリティ

《ボルシャック・ドラゴン》 のレアリティはベリーレア、 《メテオ・ドラゴン》 がスーパーレアです。現在のパッケージに描かれているカードはすべてそのパックの最高レアリティカードとなっていますが、初期では必ずしもスーパーレアのカードが描かれているわけではありませんでした。

パッケージイラスト早見表

拡張弾パッケージイラストSRVRRUC
DM-01メテオ・ドラゴン
超砲手ボルカノドン
DM-02大勇者「ふたつ牙」
DM-03超竜ジャバハ
DM-04聖霊王アルカディアス
悪魔神バロム
DM-05神拳の超人
DM-06ボルメテウス・ホワイト・ドラゴン
DM-07爆雷の求道者ガラ・ガンダール
DM-08超神龍バイラス・ゲイル
DM-09光器ペトローバ
DM-10無双竜機ボルバルザーク
DM-11炎舞闘士サピエント・アーク
斬神兵グランドルメス
スカイフレーム・リザード
拡張弾パッケージイラストSRVRRUC

早くも3弾でベリーレアがパッケージを飾っていることがわかります。

カード名

拡張パック 第1弾 火文明ホイルカード

カードナンバーカード名英単語意味
S7/S10クリムゾン・ワイバーンCrimson紅色
S8/S10メテオ・ドラゴンMeteo流星
7/110ガトリング・ワイバーンGatling機関(銃)
8/110ボルシャック・ドラゴン???不明

他のカードが一般名詞であるのに対し、〈ボルシャック〉のみが造語になっています。

「アーマード・ワイバーン」は「一般名詞 + ワイバーン」が命名ルールであるのに対し、「アーマード・ドラゴン」は「造語 + ドラゴン」が命名ルールです。

【デッキ】スタートシリーズ ドラゴン & ワイバーン まとめ – DMvault

スタートシリーズを見返すと「一般名詞 + ドラゴン」のパターンは《メテオ・ドラゴン》《バルキリー・ドラゴン》のみですので《ボルシャック・ドラゴン》の方が一般的なネーミングであると言えます。

推測

なぜ「デュエルマスターズ」最初の商品である第1弾のパッケージを《メテオ・ドラゴン》が飾ったのか。それは《メテオ・ドラゴン》の名前が「わかりやすかったから」なのではないでしょうか。

「デュエルマスターズ」という商品を一番最初に買うのはユーザーではなく小売店です。第1弾を手に取った当時のユーザーはほとんどが漫画「デュエル・マスターズ」を読んでいたのだろうと思いますが、小売店は精々「漫画展開しているオモチャだ」という認識しかなく、当然のことながら漫画で活躍している《ボルシャック・ドラゴン》のことを知りません。「カード名」であり「クリーチャー名」であることも分からないでしょうし、覚えも悪いことでしょう。そういった配慮から「DM-01 拡張パック 第1弾」 のパッケージを飾るカードは分かりやすいネーミングのドラゴンになったのではないでしょうか。

同様に《バルキリー・ドラゴン》も「DMC-03 勝舞火炎強化拡張パック」という、新規形態商品である、初の内容完全固定パックのパッケージに描かれたドラゴンであり、命名ルールから外れていることに対する理由付けが可能です。

東のボルシャックが目覚める時、
西のボルザードが咆哮する。

ちなみに《メテオ・ドラゴン》をデュエルマスターズの顔にするつもりがなかった根拠として、同弾に収録された《メテオザウルス》の存在があります。第2弾で早くも〈ボルシャック〉のみで《ボルシャック・ドラゴン》を想起させているのに対し、〈メテオ〉には特別な意味づけを行っていないことがわかります。

ベリーレアである理由

【デッキ】DMC-01 「勝舞火炎デッキ」 – DMvault

【デッキ】DMC-02 「黒城暗黒デッキ」 – DMvault

さて、《ボルシャック・ドラゴン》はといえば「DMC-01 勝舞火炎デッキ」にて再録ともにパッケージを飾っています。

同時期に発売したデッキを並べてみれば明らかですが、当時の構築済みデッキは「ベリーレア1枚」「レア4枚」で構築されています。つまりベリーレアであるということは「構築済みデッキの目玉になり得る」という特徴でもあったといえるのです。

「第1弾」は2002年5月30日、「勝舞火炎デッキ」は2002年12月19日発売と時期が近かったことからこの2つのパッケージは並んで販売されていたと思われますが、どちらにも《ボルシャック・ドラゴン》が描かれていた場合、見栄えが悪くなったであろうことも想像できます。

余談ですが、昨今「ディスペクター」化したことで話題の《悪魔神バロム》《聖霊王アルカディアス》は対になるコマンド進化クリーチャーでしたが、〈バロム〉はスーパーレア、〈アルカディアス〉はベリーレア。 〈アルカディアス〉 はその後、構築済みデッキの目玉再録となりました。

結論

第1弾で《ボルシャック・ドラゴン》がパッケージを飾らなかった理由は

  1. 《メテオ・ドラゴン》の方が名前が分かりやすかったから。
  2. 構築済みデッキで目玉再録が決まっていたから。

なのではないでしょうか。

ちなみに第1弾のパッケージにはシールドに埋まった《超砲手ボルカノドン》も見えます。シールドトリガーでもないのにわざわざシールドに入っている様子が写っているのは少し不思議です。

実は〈ボルカノドン〉は「デュエルマスターズ第1弾」の発売より前にコロコロコミックの付録となった、一番最初のデュエルマスターズカードであり、当時の知名度はかなり高かったのです。

「あのカードの商品」という分かりやすさは《ボルシャック・ドラゴン》ではなく《超砲手ボルカノドン》が背負っていたのですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました